赤ちゃんのすってんころりん

1歳5か月になる娘は、家中のあちこちをタカタカ歩き回っては
引き出しの中身を出して回ったり、カゴをひっくり返したりするのに夢中です。

 

昨日もいつものように洗濯バサミの入ったカゴを棚から引っ張り出して、
ひっくり返し、洗濯バサミをガッチャーンと床にばらまきました。
毎日のことなので、直ぐに片付けず、後で片付けようとそのままにしていました。

 

すると、しばらくして絵本を片手に持った娘がタカタカと小走りに
そちらに向かったかとおもうと、ばらまいた洗濯バサミで足がすべって
スッテーンと転びました。それも後ろ向きに。

 

頭をちょっと打ったのと、びっくりしたので泣き出した娘を抱きしめて、
「大丈夫、大丈夫」となでなでしてあやしたのですが、
すべった時のすべり方が、まるでマンガのバナナの皮ですべったかのように
絵にかいたようなすべり方だったので、ついついおかしくなって笑ってしまいました。

 

すると娘もつられておかしくなったのか、泣いていたのがケラケラ笑いだし、
何かがツボに入ったのかしばらく笑っているので、
とりあえず洗濯バサミは危ないのでいったん片付けて、
その後、娘が持っていた絵本を床に置いて、
ぬいぐるみをタカタカ走らせて、絵本のところで「ズルーン」と滑らせると大うけ。

 

一日、なんどもそのネタで娘から笑いが取れました。


このページの先頭へ戻る