劇的ビフォーアフターに夢中

最近、あんまりテレビを見ても面白いと思える番組がありません。
そんな中、唯一面白いと思えるのが「劇的ビフォーアフター」です。
ボロボロだったり傾いていたり、とくかく暮らしに不自由があるような古い屋敷が、美しく機能的に生まれ変わる姿は感動を呼びます。
ただボロ屋敷が綺麗に生まれ変わるだけじゃなく、匠の様々な工夫やアイデアで依頼人家族にぴったりの素晴らしい住まいへと変身するのです。
それだけじゃなく、なんだか励まされたような気分になり、明日からまた頑張ろうという気持ちにもなります。
自分のダメな性格や暮らしも劇的にリフォームできるんじゃないか、まだやればできるんじゃないかと思えてくるのです。
オリンピックやワールドカップなどのスポーツを見て勇気を貰える人は多いでしょうが、私にとってはこの番組のほうがより勇気を貰えます。
将来住まいを購入することがあれば、絶対にマンションにしようと考えていましたが、自由にリフォームできる点を考えると一軒家の方がいいようにも思います。
まあ、劇的リフォームの前に、私自身がリニューアルしなければ購入資金を手にすることができないのが現実です。
今のところは、お腹のぜい肉を落として劇的ビフォーアフター気分を味わうことにします。


このページの先頭へ戻る