葬儀費用と葬式過程の話【必見】

葬式を行う過程を何となくわかってはいてもどれが大事でどれが省略できるのかは一般人にはあまり分かりやすいものではありません。

 

葬儀費用を何とか抑えて必要最低限のものを執り行いたいと言った場合には、その取捨選択をいかにうまくできるのかが大事なこととなります。

 

これをふまえて、火葬だけの葬儀をすることも費用を何とか抑えるための手段となっています。

 

例えば、お経を読んでもらうだけでも結構な費用がかかってきますし、それ以外に棺桶を告別式・通夜の際に飾る装飾品の費用、それを作業する人の人件費、お手伝いをしてくれる人に雇用とは行かなくても対価を与えることも葬儀の中では通例となっています。
霊柩車は葬儀を火葬に移すための必要経費となってきますし、こうした項目を合わせていくと葬儀の過程で意識せずに発生する費用はいくつもあります。

 

中でも食事を親せきやその身内でとる場合に係る費用は大掛かりなものとなることもありますから葬儀の中に組み込まれる者の代表格となっているわけです。

 

当然、香典のように費用がかかるだけでなくそこから差し引きの費用となることもあります。

 

ですから参加者が多くなることがプラスなのかどうかは場合によると言えるでしょう。


このページの先頭へ戻る